ショパン プレリュード11番



2009.2.14 ホールのベーゼンドルファでの録音。
音が小さいけれど、こちらの方が、いい感じなので、差し替えました。

大好きな曲です。繊細で、明るくて、かわいい黒ハート
でも、これも、難しくて、弾いてみると、イメージとは、違ってしまいます。
posted by Roo at 00:00 | Comment(4) | 11番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rooさん、おはようございます。

美しくも幸せで、ちょっとウキウキするような、そんな素敵な演奏ですね。
短いけど、難しいですよね、コレ。
今日はこればかり練習されていた、というの、よくわかります。
私も短いフレーズばかり練習していて何時間もたってしまいます、この頃特に。
Posted by ペンネ at 2008年10月05日 08:32
聴いてくださってありがとうございました。

ペンネさんも、気になるフレーズ、練習されているんですね。

自分のイメージをまねっこするって、何て難しいんでしょう。

まず、イメージが、鮮明じゃない(これが一番の問題かも。)
それに、どこを直したらイメージに近づくのか
聴き取れない。

もうちょっと、速く、軽やかに、弾きたいです。
そして、ガチャガチャとうるさく無く。

Posted by Roo at 2008年10月05日 10:51
新差し替え曲の数々聴かせて頂きました。
やっぱり、ホールの音は広がりがあって素敵だね。
この曲、イメージ通りRooさんの演奏可愛いなぁ〜!
またいろいろな所での録音楽しみにしていま〜す♪
Posted by Ekko at 2009年03月09日 17:10
Ekkoさん、聴いてくださって、ありがとうございました!

>やっぱり、ホールの音は広がりがあって素敵だね。

ほんとに。ホールって、いいね〜。音が違うね〜♪

>この曲、イメージ通りRooさんの演奏可愛いなぁ〜!

ありがとう!前の録音より、イメージに近かったので、差し替えちゃいました。





Posted by Roo at 2009年03月09日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。