ショパン プレリュード4番



2009.1.29 録音

いつも思うけど、なんで、録音聴くまで、自分がどんなふうに弾いているのかわからないんだろう?
弾いているときは、思ったように弾いているつもりでいる。いったいどこを聴いて弾いてるのかな。

今日、弾いていたら、この曲は、孤独をあらわしているのかな〜と感じました。
もっと、力を抜いた感じに弾きたいな。
posted by Roo at 22:23 | Comment(6) | 4番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rooさん、おはようございますぅ。

この曲って、シンプルだけど、とても難しいと思うんですよね。
変化する左手の和音、そのつなぎ目、右手とのバランス、抑揚など、どうやって弾いていくか?って…好きな曲ですが、ガサツな私にはお手上げでしたぁ(;^_^A

Rooさんの演奏、以前もお聴きしましたが、相変わらず、素晴らしいです、繊細!
>孤独をあらわしているのかな〜
そんな感じですね、嘆きや悲哀みたいな…。
Posted by ゆゆ at 2009年01月31日 05:47
ゆゆさん、おはようございます♪

>この曲って、シンプルだけど、とても難しいと思うんですよね。
変化する左手の和音、そのつなぎ目、右手とのバランス、抑揚など、どうやって弾いていくか

ほんとにそうですね!

左手の和音が、ついマーチみたいになってしまったり、音がきつかったり、
かといって小さくしすぎても、和音の変化をあらわせないし。。。
右手も、こぶしがきいたみたいには、弾きたくないんです(そうなっちゃってますけど。)。

練習って言っても、弾くのは、そんなに難しくないんで、8番や16番みたいに練習しないので、
録音しないと、どんどん崩れていきますね〜。

聴いてくださって(愚痴も 笑)ありがとうございました!
Posted by Roo at 2009年01月31日 08:56
私の、大好きな4番……!
最後の和音の間の取り方に、ものすごーく心を打たれました……。
いつもながら、Rooさんの演奏は本当に何度も何度も繰り返して聞かせていただきたくなります(><)

孤独、嘆き、悲哀……うんうん、そんな感じですよね。
ショパンの葬儀の時に演奏された曲だと聞いたことがあるせいか、私はこの曲を聞くといつも
静々と進んでいく野辺送りの情景を俯瞰しているような、そんなような感覚に陥ります……。
<そうか、左手の和音がマーチ=足音みたいだから?かも?

この曲、本当に好きなので私も弾けるようになりたい!と思ってはいるのですが、譜読みはすぐ終わってもそこから先が本当に難しい……!
シンプルな曲ほどより深い理解が必要なんですね……(見事に玉砕(T0T))。
Posted by かなた at 2009年01月31日 23:53
かなたさん、聴いてくださってありがとうございます!

生では弾けなくても、せめて、録音では、少しは自分でも納得できるようにと思って、いつも四苦八苦しているんですが、
何年も前にとった録音の方がまだましでなさけないです(>_<)

かなたさん、いつも、ヒントになるようなことを書いてくださって、
ありがとう!

>静々と進んでいく野辺送りの情景を俯瞰しているような、そんなような感覚に陥ります……。

なるほどねぇ〜。感性、豊かですね。そう思って聞くと、私のは、テンポが動きすぎかな。

どの曲も、そうだけど、いろんな感じ方があって、弾くのが簡単な曲ほど、
それがそのまま出るので、難しいです。。。というか出すこともできないけど^^;

Posted by Roo at 2009年02月02日 11:22
Rooさん、おはようございます。

遅くなりましたが、拝聴させて頂きました。

私も大好きな4番です。

しっとりと聴かせてくださって嬉しいです。
それに本当に間の取り方が絶妙です♪
素晴らしいです。うっとり・・・
Posted by ペンネ at 2009年02月09日 10:58
ペンネさん、こんばんは♪

ペンネさんも、この曲お好きなんですね。

>それに本当に間の取り方が絶妙です♪

ありがとうございます!
でも、歌い方が、毎回変わってしまったりして、
なのに、自分では、わかっていないなんていう困ったことになってます^^;

ペンネさんのしっとりとした演奏、よく聴かせていただいてますよ〜♪
Posted by Roo at 2009年02月09日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。